15 August

あづま荘

郡山市立永盛小学校の近くにある廃アパートで昼間でも禍々しい雰囲気に満ち溢れている。
この近くにある土地神様の祀られている笹原神社からみて鬼門の方角にあり、 気の流れを遮るように窓側に土手がある。

肌色っぽい色の木造建築の二階建て、屋根がグレーの結構古い建物で阿武隈川方向に窓が付いていて1階4部屋、2階4部屋の計8部屋の建物。

ただならぬ雰囲気の廃墟

サイクリングロード側から見ると、窓が阿武隈川側にあるため部屋の内部が見える。
しかし、覗いてみても部屋の内部は暗く確認出来ない。ただとてつもなく異様な雰囲気が出ている。
窓が閉まっているし、風がないのにもかかわらず2階の左から2or3番目の部屋からガサガサと物音がしたり、ぼろぼろになったカーテンがゆらゆらと揺れていることがある。
その部屋の事かは定かではないのだが、一部屋だけ光を反射しない真っ暗な部屋があるとの事。
夜に行くのは特に危険で、窓から部屋の中を直視するととても危険な雰囲気が味わえる。

部屋の中を撮影すると心霊写真が映る事もあり雰囲気だけではないことがわかる。

建物は所有者によって管理されています。
無断で侵入する事や物品の持ち出しは法律で禁じられています。
近隣住民の方々に迷惑となる行為は慎むようにお願いします。