03 August

帰省先にて…

みなさんも田舎に帰省する事があるだろう。
これはそんな田舎に帰省した時にあった物語である。

縁側の老婆

実家に帰省して何日か経ってやることもなく縁側でぼんやりしていた。
そよ風が吹き、遠くの方でセミが鳴いている。
山奥にある私の実家は時折、熊や猪が出るような田舎だ。

「のどかだなぁ」

と、心の中でつぶやく。
だんだんと気持ち良くなってきていつのまにか眠ってしまった。

「ん、なんかくすぐったいな」

体を触られるような感覚がして目が覚めた。

「なに!」

見知らぬ老婆が目の前に座り私の腕をさすっている。
歳は7,80歳に見えるが顔はうつむいていて見えない。
ぼろぼろの茶色い着物を着ていた。

「何?誰ですかあなた!止めてください!!」

と言うつもりが声が出ない。
体が金縛りになっていて全く動かないのだ。

すると、かすれるような声が聞こえてきた。

「ぬめら~として、若い肌はたまらんのう」
「ぬめら~として、若い肌はたまらんのう」
何?なんなんだこのババァは!
止めてくれ!
強引に引き剥がそうと思っても体は言う事を聞いてくれない。「ぬめら~として、若い肌はたまらんのう」と、つぶやきながら私を触っている老婆の手が腕から顔の方に向かってくる。
とうとう老婆の手が私の顔に届いた。

その時、うつむいていた老婆がついにこちらを見た。
老婆の顔は、酷くただれていて目も鼻も区別がつかない。
更に、口から血と泡が混じったものが「ボコッボコッ」と吐き出している。
私は気を失った。

もう暗くなった頃ようやく家族に起こされた。
なぜか腕から顔にかけて焼けるような痛みが走る。

「あんた、どうしたの!!」

私の腕から顔にかけて肌が剥けていて血まみれになっていた…。

-この物語は実話やインターネット掲示板を元にしたフィクションです。-